トップページ特集ページ一覧 > 長女からの手紙
北海道 メニュー 落書き板 たまには 直売場 たより こらぁムッ NOCUS 検 索

 

鈴木孝夫さま  (長女が「父の日」にくれたプレゼント)

親バカがすぎるというか、バカな親って類だろうからためらったけど、手紙をくれた長女への感謝と、そして将来
「クソじじい」なんて言われるようになったときの保険として(^^; UPします。どなたも読まなくてけっこうですよ〜

 こんにちは。お元気ですか。
 最近は梅雨なのにアメも降らず、暑い日が続いているね。夏バテはしてない?

 20日は父の日だね。この日は、一年中働いているお父さんに感謝する日だよね。
 私はこれまで特別何かしたことはなかったっけ・・・?
 今年は最近感じたことを報告して、父ちゃんに敬意を表したいと私は思います。

 この間の「WTO協定改定のシンポジウム」で、私は海外代表から各国の農業の実態と連帯のあいさつを聞いて、クラクラしたり、感動したり...世界の大きな流れをみてきたんだ。
 そのことを会場で北嶋誠さんに話すと、「鈴木孝夫の元で、はいつくばって農業やってることと関係ないことじゃないからね。」と言ってくれた。
 私は、父ちゃんはこんな広い世界をみて北茨城で農業をしていたのかぁ・・・と思った。

 それと、もらった資料の中に前回の「WTOに関するシンポジウム」が冊子になって入っていて、私はそれを読んでいたんだ。
 大国が経済を支配しようとしているや、農業とりわけ家族経営がつぶされていること、輸入物がどんどん入ってくること...私たちの健康やいのちや風土を無視した動きに怒りを覚えた。
 その冊子、参加者の発言ものっていて、この動きをはねかえそうとする人の声ものっていた。その中には飛田さんや武藤さんや私の知っている人もいた。
 そして冊子の写真にはさ、真剣そうな父ちゃんが写ってたんだ。

 世界のいろんな動きの中で、私たち民衆を守ろうという立場で、仲間と共に進もうとしているのがわかった。
 写真はね、正面から撮っていたけどサ・・・私は、父ちゃんの背中を見せてもらったなぁ...と感動したよ。

 Think globally Act locally 世界的に考え、行動は地元から。
 という言葉どおり、広い視野をもって行動している父ちゃんをとても人間らしいと思ったよ。主体的でさ。
 今も毎日がんばっているようだね。母ちゃんが、「帰ってきたら、すぐにコテンと寝ちゃうの。」
って言ってた。
 父ちゃんの軽快さと、あたたか味と重み・・・力をみんなのためにつかっているね。
 私は父ちゃんが大好きだよ!

2004.6.20

 
..
 
今年も北海道に
帰る
んだって?
楽し
んで
きてね〜。


・・・・・・ ( 戻る ) ・・・・・・


 苦情などはこちらに(^^;

すずき産地
ZY4T-SZK@asahi-net.or.jp
茨城県北茨城市