鈴木ひとみの

 うちは玉子屋さん日記






珍しい! 白い玉子?
(1998/07/20)

 はじめまして、鈴木ひとみです。トリの唐揚げが大好きな私だけど、うちで飼っているのは肉じゃなくて玉子をとるやつです。
 ケージっていう小さなオリには入れないで、小屋の中、地面の上で飼っています。平飼いの採卵鶏っていうそうです。
 茶色のニワトリで、玉子も薄茶色をしています。小さかったころ、うちの玉子しか知らなかった私は、スーパーで売っている白い玉子を見たとき、「わぁー珍しい」って思っちゃいました。白いほうがふつうだなんて知りませんでした。

    




庭で遊んでます
(1998/07/30)

 よく見ると、いろんなトリがいます。ハゲてるやつ、太ってるやつ、やせてるやつ、一ぴき一ぴき毛の色も違っていて、しばらくジーっと見てても飽きません。棒でつっついたり、物を投げたりして、ちょっかいを出せば面白さも格別です。
 でも、そんなことをするのは外に出されて庭にいるニワトリだけです。小屋の中にいるトリをいじめたりすると、ストレスになって玉子を産まなくなってしまうそうです。
 庭に出ているのは、小屋の中で悪さをしたり、されたりするやつです。そういう鶏を外に出して飼っているのです。本当は、網で囲っておきたいんだけど、ひまがなくて囲えないんだ、と父ちゃんは言ってます。


    


ぎゃあ、フンだ!
(1998/07/31)

 小屋の外をウロウロしているトリは20羽くらいいます。おかげで、うちの庭はフンだらけ。私は「ぎゃー踏んだ!」と叫んでいる毎日です(シャレじゃありません)。
 ちょっと前のことです。うちの弟が遊んでいて、廊下からスーパーボールを落っことしてしまいました。落ちたボールは、はねてニワトリの近くまでころがっていきました。たちまち2、3羽が「おっ!、なんだ何だ?」という感じで寄ってきました。でも、エサじゃないとわかると、またさっさと自分のいたほうへ戻っていっちゃいました。
 トリたちは、きょうも何か珍しいものはないかと庭をウロついています(フンを落としながら・・・)。父ちゃーん、早く網で囲ってよぉ!

  
もう一人の弟です(私は4人きょうだい)。 
 


抱えぐせと寝ぐせ
(1998/07/31)

 小屋の外に出されるニワトリたちの悪さの一つが抱えぐせです。抱えぐせというのは、トリが玉子を抱えてあたためることです。
 野生のトリとちがって、ニワトリは玉子をどんどん産むけど、それをヒナにかえすことはしません。そんなふうに品種改良されているそうです。でも、ときどき本能にめざめるやつがいるのです。
 それがなぜ悪いかというと、玉子をあったかいままおくと、品質が落ちるからです。うちのは有精卵だから、ほんのちょっとだけとヒヨコに育ったりもするはずだと父ちゃんは言ってます。なにより、玉子を抱えるようになったトリは玉子を産まなくなります。
 でも私は、別に悪いことじゃないような気がします。ニワトリがちゃんとニワトリらしい、きちんとしたことをしているのに、それを悪いことというのは人間の勝手かなぁと思います。
 ほかに、寝相?が悪いだけのトリもいます。ニワトリは夜、止まり木に上がる習性がありますが、なかには産卵箱の中で寝ちゃうやつがいるのです。産卵箱の中にフンをして汚してしまうので、これも困りものです。やっぱり外に出されちゃいます。
 もう一つの悪さ、尻つつきのことは後から父ちゃんに教えてもらいます。


  
教えなくても玉子は産卵箱の中に産みます 
 



目次へ