北海道 メニュー 落書き板 たまには 直売場 たより こらぁムッ NOCUSる リンク 検 索

 
No.1369
アメリカと財界に雇われたアルバイト?(行政職のお偉方)

お歴々

2003/01/17撮影
 前 号  メニュー  次 号 

   
 
写真中央から右へ、市長、農協理事長、市助役、
農業委員会長、市産業部長、市農林課長、同係長3名、
中央から左へ、食糧事務所(農水省)、県農政課、
土地改良事務所、農業改良普及センターの各役職さんたちです。
ひな壇の人たちの給料の合計は一体いくらになるのだろうか…
なんて詮索をしたくなるけど、
「北茨城市水田農業推進対策協議会」という会議です。
とはいっても、国・県から示された減反割当の
数字を受け入れるだけの儀式にすぎません。
「異議あり」「前向きな施策は提案できないのか」
会場から発言したのは私1人だけでした。
自分の経験や前日までの農民連大会で報告された
取り組みも紹介しながら質問・発言を重ねましたが、
暖簾のほうがまだ押し甲斐があるかも。(例年どおり)
と、これで終わりでは具も鍋もありませんよね。
会議終了後、
何人かの出席者が声をかけてくれ、ある方とは、
有機農業とグリーンツーリズムを結んだ形で、
市の施設に提案に行こうなどと意見の一致をみました。
ページ右上の検索から、キーワード
「減反」で検索をサイト内検索をお試しください。

ご意見ご感想をお待ちしています。

 
ph by 
すずき産地  茨城県北茨城市
31@s.email.ne.jp