メニュー 落書き板 たまには 直売場 たより こらぁムッ NOCUSる リンク 検 索
 
アクセロット
あたるか豪華粗品

 

No.1399

 
長野県知事と…
meher

2003/02/22撮影
 前 号  メニュー  次 号 

 
表題を直訳すると「私に彼女に」…意味不明ですね。
ただカタカナで読んでもらえば…そう「ミーハー」です(^^
さて写真の人物。肩書きだけ紹介すると、右から、
茨城農民連書記長、北茨城市議会議員、そして長野県知事。
もちろん、3人とも表題とは無関係です。
(ということにしておきます)
あ、前号のつづきでした。そして参考記事は下記。
 
(アサヒ・コムから転載) 
小さくても輝く自治体フォーラム 「非合併」掲げ開催
 規模の小さな自治体の合併によらないまちづくりを考える「小さくても輝く自治体フォーラム」が22日、長野県栄村で2日間の日程で始まった。全国から町村長約50人、約110自治体の関係者を含む約600人が参加した。
 「合併しない宣言」をした福島県矢祭町の根本良一町長や、群馬県上野村の黒沢丈夫村長ら5人の首長が呼びかけ人となって開いた。呼びかけ人を代表して栄村の高橋彦芳村長は「平成の市町村合併は自主的とは名ばかりで強制的な色彩を強めている」と述べた。
 また、記念講演した長野県の田中康夫知事は「今回の市町村合併は最後のばらまき行政。市民の幸せをもたらすものではない」と批判。そのうえで、小規模自治体を対象に行政事務の一部を県が有償で肩代わりする制度を来年度から導入することなどを紹介した。
 呼びかけ人によるシンポジウムもあり、合併反対の立場から、「みんなの顔が分かる小さな規模で、人と人が助け合うことが大切だ」「職員の数が減ったときにハードワークにならないように、民間を活用すべきだ」などの意見が出された。


ご意見ご感想をお待ちしています。

 
ph by
すずき産地   茨城県北茨城市
31@s.email.ne.jp