メニュー 落書き板 たまには 直売場 たより こらぁムッ NOCUSる リンク 検 索
アクセロット
あたるか豪華粗品

No.1497

 
日立市の小学校で稲作りの話
5年生に
2003/06/24撮影
 前 号  メニュー  次 号 
 
晴耕雨読ならぬ、晴耕雨話かな。
日立市「百年塾」の講師登録が生きているようで、
99年とか00年とか02年とか、そして今年は
同市の豊浦小学校というところによばれました。
米つくりの話を聞いてくれたのは5年生。
自分たちも田んぼをつくっていて、
アイガモ農法についてのいろいろな質問のほか、
「無農薬だとお米はおいしくなるのですか?」
いい質問です。
味と農薬とは直接には関係がないと思うけど、
無農薬で、病気や害虫を寄せ付けないためには、
肥料をいっぱいやるような無理な育て方でなく、
稲が自分の力で健康になるように気をつかう。
その結果として、作物本来のおいしさが出てくる。
だから、
きちんと無農薬で作ったお米はおいしくなるんです。
(きっぱり)

ご意見ご感想をお待ちしています。

 
ph by
すずき産地   茨城県北茨城市
31@s.email.ne.jp  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

れんげ田に遊ぶウチの次女