メニュー 落書き板 たまには 直売場 たより こらぁムッ NOCUSる リンク 検 索
アクセロット
あたるか豪華粗品

No.1502

 
友人の若い新規就農者が本を出した
もう一冊
2003/07/06
 前 号  メニュー  次 号 
 
本の背景は昨年の5月、写真展の最終日です。
このときに来てくれていた友人、それも2人が、
たまたま最近そろって本を出版しました。
その1人が「菜の花が咲いたよ」の旭爪あかねさん。
そして、もう1人のもう一冊が上記の写真です。
 著者の村田知章くんは東京で生まれ育ったサラリーマンの倅。
食べ物アレルギーがきっかけで自然農法を志し、
茨城県に移り住んで野菜づくりをしています。
 借りて耕作しているのは、じつは「菜の花〜」の北嶋さんの畑。
自分は使わないのに、周囲で散布されている農薬で
緊急入院するという笑えない苦労も重ねています。
 その後、もっと環境のよい別の地域に畑を見つけたのですが、
たっぷり有機質を投入してきた北嶋さんの畑とはちがい、
化学肥料や農薬で痛めつけられた土では、
簡単には自然農法では作物はできず、
いま再び結城市の畑に戻って頑張っています。
 収穫した野菜は、主に東京方面で引き売りしているそうです。
こうした実践を元に書いたのが「自然農法を始めました」東京書籍という出版社からの発行で、1300円(税別)です。
 農薬にも化学肥料にも頼らずに自家菜園などをやってみたい
という人にはとくにおすすめの一冊です。

ご意見ご感想をお待ちしています。

 
ph by
すずき産地   茨城県北茨城市
31@s.email.ne.jp  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

れんげ田に遊ぶウチの次女