写 真で伝える百姓の今、自然の移り変わり
アクセロット
あたるか豪華粗品
    2403    

父のぼやき(^^

2007/01/21

「NOCUSる」(農家する)

三番目のお母さん

きょう午後、母ちゃんといっしょに日立のほうへ出かけて、
茨城県医師会主催のフォーラム「お産をする場所がない!
に参加してきました。その報告は別の機会にするとして、
写真(左)は、
会場で久しぶりにお会いした助産師のI先生と。
日立市内で「母乳育児相談所」を開設している方です。

この記事を書きながら、母ちゃんに
「お世話になった人を数えたら5番以内に入るよね」
と聞いたら、
「なに言ってるの。3番目のお母さんでしょうよ」
と、きっぱり言われてしまった。
くわしい経緯は、とても書ききれないけど、
これから出産・育児をする人という人みんなに、
ぜひとも紹介したい先生です。(きっぱり)

「そのへんでお茶でも」と誘っていただきました。
短時間でしたが、夫婦でわが子自慢をしちゃいました。
I先生のおかげだと思っているゆえの報告です。

母ちゃん、
No.2400の写真を見て思い出したらしいけど・・・
12年前、阪神大震災のニュースを聞きながら、
「うちだったらどうする?」みたいな話になって、
「ひとりだけ生き残るとしたら、耕太くん(末っ子)だな」
「だって、私たちは何年か生きてきたけど、
まだ赤ちゃんは半年も生きてないんだもん」
そして、
「赤ちゃんにおっぱいやらなくちゃいけないから、
次に生き残って欲しいのは母ちゃんだね」
そんなことを上の子たちは言ってたんですよ。

だと。
そういえば、そんなことがあったっけ。
ん、まてよ・・・その順番を重ねると、
最初に死んでいいのは父ちゃんじゃないかぁ!?
この親不孝者らめ(^^;
 

写真が表示されないときは → ブログ



あなたは、きょう人目の閲覧です。