写 真で伝える百姓の今、自然の移り変わり
アクセロット
あたるか豪華粗品
    2408    

ログテーブル

2007/01/26

「NOCUSる」(農家する)

立派な?手作りテーブル

先週の「たまご新聞」(「野菜だより」)から転載します。

さる1月7日の凄まじい風で、育苗ハウスが潰されてしまったことはNo.2395でお伝えしました。建ててから、わずか7年でした。(大損害)
じつは、この間の育苗作業。
芽が伸びたところで苗代全体に湛水するやり方で、昔でいう 「水苗代」を再現してきました。
なので、
ハウスなどなくても、初期き保温シートの二重被覆と、そして 後半は不織布ネットくらいでいけるのではないかとみています。
というわけで、
ハウスを建て直すカネがないと落ち込むのではなく、
昔ながらの技術と新しい素材を組み合わせて、「楽農」を 実現する機会にしたいと開き直っているところです。

また、
No.2397などで自宅の裏の木が倒されたことも報告しました。紹介したとおり、袋小路さんがチェンソーで片づけてくれました。
さらに 近所のSさんが、半分に割った面にカンナをかけてくれました。
と、
友人や近所の人にも助けられ、その成り行きと勢いのまま
今度は自分で半日かかって皮をむいて、写真のとおり
不格好な立派なログテーブルが完成しました。
なんてったって100年ものの総ヒバづくりです。
(誰です?ジャマくさいなんて言ってるのは)
 

写真が表示されないときは → ブログ



あなたは、きょう人目の閲覧です。