写 真で伝える百姓の今、自然の移り変わり
アクセロット
あたるか豪華粗品
    2432    

妹から

2007/02/19

「NOCUSる」(農家する)

次女の膝の絆創膏の落書き

「太い足だ」って?
こらこら。シーっ!

No.2420No.2422と引っぱってきた
No.2418からのつづきです。

姉からのハガキを読んで、
次女は、こんなふうに感想を言ってたとか。
(あとから母ちゃんが書き留めたので不正確かも)

生きる価値のある人なんて滅多にいないよ。
生きたいと思うか、
生きててほしいって思っている人がいるから、
人は生きているんでしょ。
姉ちゃんは生きたいと思っていないのかなぁ。
生きててほしいと思ってる家族がいるのに・・・
私も、
何で生きるんだろうと、
いっぱい子どものころ考えた。
で、考えるの飽きちゃった。
ま、いっかぁ、子どもなんだからって。
って、この言い訳はきらいなんだけど、
とにかく考えるのやめた。


ダテに不登校やってなかったなぁ。
あ、写真。
いまは高校に通っている次女が、
転んで擦りむいて膝に大げさな絆創膏。
そこに赤ペンで落書きしたんだと。(うまい)
「何どうしたの?って2人くらいに心配されたよ」
と、したり顔でやんの。(ンニャロメ)
 

写真が表示されないときは → ブログ



あなたは、きょう人目の閲覧です。