写 真で伝える百姓の今、自然の移り変わり
アクセロット
あたるか豪華粗品
    2482    

取扱い説明書

2007/04/10

「NOCUSる」(農家する)
米や米麹をビンに詰めて送った

私信です。約1名を除き、無視ねがいます。(ぺこり)

送りつけられた謎の空ビン
こんな目にあったりしながら、
きのう、
返送する前に撮った記念写真です。
ビンに番号がふってあります。
ちなみに背景は何も関係ありません。

1) 小吟米
うちでは、玄米選別にLLサイズ(1.9o目)の
ライスグレーダーを使用していますが、
それで落ちた小米をあらためてS網でふるって
再選別した、いわゆる中米を精米したものです。
それも、10回ちかく精米器を通しています。
いわゆる吟醸米と言いたいところですが、
元が中米なので「小吟」といったところかな。
これでお粥を作ってください。(利用法は下記)

2) 自家製米麹
上記の小吟醸米を蒸して、麹菌をまぶして
2日ほど保温し、培養・調製したものです。
あまり上出来ではありませんでしたが、
使えないことはないと思います。
上記で炊けたお粥を60〜70度まで冷まして、
麹を混ぜ、そのまま炊飯ジャーで保温してください。
10時間くらいして、全体が糖化すれば大成功。
本物の甘酒をご賞味あれ。
なお、
冷めてきたところで、まちがっても
イースト菌は加えたりしてはいけません。

3) 謎のゲル物質
上記とはまた別の工程で作ったらしいです。
たとえば豚肉を漬け込んで焼いて食べたら、
クセになりそうなおいしさでした。
あるいは
水と砂糖を加え、甘くして飲んでください。
よく煮立てないと酔っぱらってしまうかな。
同じ理由で、焼き肉も晩ご飯にどうぞ。

4) かす汁
粕汁ではありません。(念のため)
何やらの粕を搾ったときの水分だそうです。
じゃまなので2本入れました。適当に処分してください。
 

写真が表示されないときは → ブログ



あなたは、きょう人目の閲覧です。