写 真で伝える百姓の今、自然の移り変わり
アクセロット
あたるか豪華粗品
    2498    

2回目2日目

2007/04/26

「NOCUSる」(農家する)
軽トラで運ぶ育苗トレイ

稲の2回目の種まきをしました。
温湯で消毒してから半月ほど水浸しておいた種モミを、
お風呂の残り湯に漬けて催芽をかけたのが一昨日でした。
翌日、
つまり昨日には全部まきおえるつもりでした。

ところが、
近所の田で水を入れはじまったために、
あわててアゼ塗りに出かけたり、
いつもの鶏の世話に追われたりして、
播種作業を始めたのは夕方ちかく。
で、
夜7時過ぎまでかかったけど、やむをえず
軽トラ1台分、240枚ほどで中断しました。

きょうは木曜日。
午前中は週刊「野菜だより」の発行です。
早昼を食べてから、まず
上記の240枚を田んぼの苗床に並べる作業。
途中、雨に降られたり、いつもの鶏の世話をしたり。
というわけで、
播種作業のつづきにかかったのは夕食の後から。
残りトレイ175枚ほどを、まき終えたのが23時過ぎ。
というのが、きょうの写真です。
以上、2日間、1人だけでの作業でした。(働き者)
あした田んぼに並べて、2回目の苗代が完了です。
1回目280枚ちかくと合わせ、700枚ほどになります。

この後、
1回目の苗を植えて空いたトレイに、
3回目の播種をすることになります。
とにかく、腰も足も腕もがちがち。
 

写真が表示されないときは → ブログ



あなたは、きょう人目の閲覧です。